Continue

ポルシェはデジタルの世界でも多様性を失わない。

アップデートは安全確実に

車輌のデジタル機能がますます広がりを見せる中、ワイヤレスインターフェースを介したソフトウェアの更新、いわゆるオーバー・ジ・エア・アップデートが大きな注目を集めている。それを可能にするソフトウェア開発を他社との差別化という 意味で重要視し、企業の未来にとって必要不可欠であると予想するポルシェオートモービルホールディング SE は、Aurora Labs 社の技術協力を受け、成長市場における自らのポートフォリオを拡大した。2016 年に創設されたイスラエルの企業 Aurora Labs は、自動車やコネクテッドデバイス関連ソフトウェアの検査、 検証および更新を専門としている。

Link 詳細を表示

革新素材を求めて

新素材の耐久テスト:ニュルブルクリンク 24 時間レースで、ボディキットに有機繊維複合材を完全使用したポルシェ 718 ケイマン GT4 クラブスポーツ MR が初スタートを切った。市販車輌に使われる射出成形部品の素材である金属およびプラスチックを、農業生産することができ、持続可能な複合材料の基礎を形成する亜麻繊維に置き換えようという試みだ。新素材を実際のレースで使用するためには、高い安全性と品質要件を満たす必要があった。

Link 詳細を表示

伝統が宿るコックピット

1963 年、ひとつの電動腕時計が 5 連メーターの一部としてポルシェ 911 のコックピットにレイアウトされた。1972 年 には、ポルシェデザインがそんなメーターパネルを象った腕時計をクロノグラフ I として販売し、世界的な大成功を収めている。そして今回、伝統のデザインが手首からダッシュボード中央へと回帰した。新しいスポーツクロノパッケージの一部となったポルシェデザインのサブセコンドウォッチが、歴代のクラシックカーへオマージュを捧げる。

Link 詳細を表示

本誌の全テクニカルデータは各国の仕様により異なります。
燃料消費量および CO₂ 排出量の数値は、新たな測定方法「WLTP」に準拠しています。

よく読まれている記事