市販モデルの生産が始まる直前に “ドライブツアー” を敢行した 1:10 スケールの純電動スポーツカー、ポルシェタイカン。その行先は未来を占う世界各国の都市:テルアビブ、ボストン、オスロ。時代の最先端を走るという意味においてはヴァイザッハそしてツッフェンハウゼンも忘れてはならない。

continue

ポルシェはデジタルの世界でも多様性を失わない。

さらなる飛躍を前に

ツッフェンハウゼンに拠点を置くスポーツカーメーカーのポルシェは、タイカンのワールドプレミアとともに新たな時代を迎えることになります。今号をお手に取っていただいた方はお気付きだと思いますが、1952 年に創刊された世界最古のカスタマーマガジン『クリストフォーラス』は今号よりレイアウトを刷新し、コンテンツも充実させました。393 号以降、“Icon” や “Laptime” といった人気コンテンツはもちろん、“Garage” や “9:11Love” などの独自企画をブラッシュアップしながら、ポルシェに携わる人々の人物像やポルシェに対する情熱をテーマにした記事を掲載していく予定です。

今後、本誌は年 4 回刊行となりますが、年間購読者の方には 1 冊分サービスさせていただき、すでに 5 冊分をお支払いいただいた方にも割引を適用します。

また、『クリストフォーラス App』や本誌編集部が提供するデジタルサービスは、今後も無料でご覧頂けます。

ご意見やご感想、ご提案がございましたら、christophorus@porsche.de まで直接ご連絡ください。皆様のメッセージをお待ちしております。

よく読まれている記事