スタイルアイコン

宇宙開発で使用した素材を腕時計に使用したり、レンズ交換機構を備えたサングラスを発明したり。フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェは、50年前に自らのデザインスタジオを設立し、時代に大きな足跡を残すデザイナーとなった。そのスタイルとは。時代を超越、革命的、アイコニック。

   

「良いデザインは誠実でなければならない」

フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェ

979年のオノ・ヨーコの記者会見をデザイン史に刻んだ重要なアクセサリーがある。P’8479と呼ばれるサングラスだ。それ以来長いこと、故ジョン・レノンの妻であるこの芸術家はこのサングラスをかけず公の場に姿を現すことはほとんどなかった。つまり、このサングラスは彼女のトレードマークになったのだ。

P’8479は、ポルシェデザインが50年にわたり世界に送り出してきた数々のデザインアイコンのひとつにほかならない。1972年に弟ハンス=ペーターとポルシェ・デザインを設立したフェルディナンド・アレキサンダー・ポルシェはビジョンを抱いた堅実なデザイナーとして知られる。彼は装飾をそぎ落とし、機能性を最優先し、革新的な技術や素材を常に探し続け、純粋主義を公言し、妥協のない品質を追求した。彼のスタイルは今日でもポルシェ・デザインの製品に大きな影響を与えている。しかし、それは彼がデザイン言語をルールとして規定したからではない、“姿勢”それ自体を定義したからだ。ポルシェ・デザインはこの姿勢をもってレンズ交換のための機構を備えたエクスクルーシブな眼鏡など未来の定番をデザインし続けている。因みに全世界で約1100万本販売されたこの眼鏡のデザインは40年以上変わっていない。

2012年に亡くなったデザイナーのサクセスストーリーはすでに子供時代に始まる。あるインタビューで、最初の実験についてこう語っていたことがある。「1949年からの数年間は、おもちゃを買えない時代でした。だから、自分たちでおもちゃを考えて、設計し、作ったのです」。弟のハンス・ペーターは、F. A.を実践的で美的感覚に優れた人物であったと語る。「母が絵を描いたり色を付けたりしなさい、ってイースター用にバスケットいっぱいの卵をくれたことがあるのです。そのときF. A.は金属製の積み木箱を使って、卵を挟んで回転させることができるホルダーのついた機械を作ったのですよ」。目の前の現実から生まれる彼のデザイン哲学、当初から最優先していたのは機能性のようだ。

クリエイティブなデザイナー:

クリエイティブなデザイナー:

1979年、F. A.ポルシェ。彼のデザインは、機能性と特別な素材をその特徴とする。

そしてツッフェンハウゼンにあるポルシェの開発・設計事務所での時間が、若き日のF. A.の感性を形成していった。この場所はF. A.にとってのびのびとした創造のスペースだったようだ。「見るもの聞くものすべてをスポンジのように吸収し、ここで仕事をできることに喜び、そして誇りを感じていました」。やがて、若いデザイナーの実験からプロの作品の製作がスタートした。1958年に入社したF. A.は、1962年に新しく創設されたデザイン部門の責任者となり、世界で最も有名なスポーツカーのひとつ、911の決して見間違えることのないラインを描くことになった。

その後、フェルディナンド・アレキサンダー・ポルシェはポルシェデザインを設立し、そのデザイン活動を自動車からプロダクトデザイン、インダストリアルデザインへと広げていった。しかし、彼のデザインの根底に流れるテーマは常にスポーツカーだった。時計のストラップの革は車のインテリアから、自動巻き時計のローターはホイールの形状から、ケースカラーは車の塗装のオリジナルカラーから。スポーツカーを感じさせるものばかりだ。

F. A.のデザインを見ていると、そこからは精密、実践的といった彼の哲学が浮かび上がってくる。、F. A. はフォルムが完成している製品に「装飾は必要ない」と言っている。デザインアイコンとなったポルシェ・デザイン製品第一弾、クロノグラフ I も、その信念を感じさせてくれるものだ。世界初の黒一色のデザインは、その後、何世代にもわたって時計デザインに影響を与えている。

ポルシェ・デザインの創設を機に、ポルシェ一族は自動車メーカーの経営から手を引くことになった。新時代の始まりだ。F. A.は時計、眼鏡、万年筆など、現代、そして未来の定番アクセサリーを生み出していった。現在のポルシェ・デザインは、歯ブラシ、香水、トースター、やかん、コンピュータ、ファッション、さらにはマイアミにあるポルシェデザインタワーのような建物全体のデザインに至るまで、製品ポートフォリオを大きく広げている。フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェは機能性だけではなく、常に特別な素材を追求していった。その顕著な例は、1980年

に当時は宇宙開発でのみ使用されていた金属、チタンを使った市場初のチタン製クロノメーターだろう。フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェは、自身の機能性を追求する願望をこの素材に見出したという。これはTecFlexまたはシンプルにP’3310と呼ばれているボールペンにも見ることができる。このステンレス製メッシュを採用したペンは、日常性を超越した新たな定番としてその地位を確立している。

これらの定番のひとつひとつはF. A. ポルシェの偉業として認識されている。彼の姿勢がスタイルを定義しているからこそ、彼のスタイルはブランド・アイデンティティーの一部として今も息づいているのだ。そんなスタイルのデザインには、「妥協のない誠実さ」「革新的でコンセプチュアル」「ピュア主義の贅沢」「時代を超えた高品質」などが求められる。この原則は、今日に至るまで、ポルシェ・デザインのすべての製品に貫かれているデザインランゲージだ。これらの原則そのものが、象徴的なシンプルさを体現している。F. A. ポルシェはそのデザイン哲学に関してこんな言葉を残している。「モノの機能を考えれば、それだけでフォルムが自然に浮かび上がってくる」。

ポルシェ・デザイン

ポルシェ・デザインは、1972年にフェルディナンド・アレキサンダー・ポルシェとその弟ハンス=ペーターが設立した高級ライフスタイルブランドだ。ポルシェ・ライフスタイルとオーストリアのツェルアムゼーにあるスタジオF. A.ポルシェとともに、ポルシェ・ライフスタイル・グループが運営している。今日に至るまで、ポルシェのデザイン製品はすべてスタジオF. A. ポルシェで作られている。ツェルアムゼー、ベルリン、ルートヴィヒスブルク、ロサンゼルス、上海に拠点を持ち、海外のクライアントのためにもデザインを手掛けている。

Dirk Böttcher
Dirk Böttcher

関連記事