静かな旅

エンジンの奏でるサウンド、会話、音楽。オプションの遮音/遮熱ガラスを装着すれば、車内の空間がより一層楽しく、快適になる。このガラスは標準装備のハイグレード・ガラスに比べて外界からの不快なノイズをさらに効果的に遮断してくれる。

イラスト: Design Hoch Drei 

車外からのノイズの影響が最も顕著に現れるのは、高速道路のトンネルを走っているときだろう。走行音がコンクリート・チューブの全面に反響し、乗員は不快なノイズを感じることになる。自然と話し声は大きくなるし、サウンド・システムもそれに応じて音楽や音声アナウンスのボリュームを上げざるを得ない。「はっきりとした違いを感じてはじめて、外部の騒音が車内の快適性にどれほど大きな影響を及ぼしているのか、気づくのではないでしょうか」。そう語るのは、ポルシェのボディサウンド・クオリティの責任者であるユルゲン・オックスだ。「車に採用されるガラスの種類は、外部から車内に侵入するノイズレベルを左右する決定的な要因です。違いは、一般道でも、高速のトンネルの中でも、測定により正確に証明することができます」。そう、それこそポルシェが全4ドア・モデルに洗練された遮音/遮熱ガラスをオプション設定している理由なのだ。

通常、サイドやリアに使用されている強化ガラスと比べ、この特殊ガラスは5層構造になっている。ガラス、3層のフィルム、そしてまたガラス。ちなみに3層のPVB(ポリ・ビニル・ブチラール)フィルムの真ん中の一層は、特殊な音響フィルムだ。上下のガラスの振動の大部分を吸収することで、外部からの騒音を630ヘルツから6.3キロヘルツの周波数範囲で最大7.3%低減してくれる。「あまり大した違いではない、と思われるかもしれませんが、実際に走行して差を体験した人が皆、感激するほどの違いなのですよ」とオックスは説明する。ポルシェが採用する特殊ガラスは人間の耳が最も敏感に反応する3.5〜4.0kHz付近でしっかりとその効果を発揮する。世界中どこへ行っても360〜630ヘルツの周波数帯で鳴らされる警察や消防、救急車のサイレンはそのまま聞こえてくるので心配は無用だ。

このオプションを選択すると、リアや三角窓にいたるまで、車輛全体のガラスが遮音仕様になる。嬉しいのは、遮音ガラスは標準装備のガラスに比べて軽いというもうひとつのメリットだ(パナメーラの場合ガラスの違いだけで約2kgもの軽量化になる)。また、フィルム層のおかげで防犯性能も向上するので、安心感につながる。この遮音ガラスは遮熱ガラストの組み合わせでのみ注文することができる。この遮音/遮熱仕様はもちろん、プライバシー・ガラスと組み合わせることも可能だ。2ドア・モデルは? オプションで用意される軽量ガラスが、同等の騒音防止効果を発揮してくれる。

Thorsten Elbrigmann
Thorsten Elbrigmann

関連記事

燃料消費量

マカン GTS

WLTP*
  • 0 g/km
  • 23.3 – 20.4 kWh/100 km
  • 439 – 502 km

マカン GTS

燃料消費量
CO₂ 排出量 総合(WLTP) 0 g/km
電力消費量 複合(WLTP) 23.3 – 20.4 kWh/100 km
電気モーター 航続距離 総合(WLTP) 439 – 502 km
電気モーター 航続距離 市街地(WLTP) 539 – 621 km

911 Dakar

WLTP*
  • 11.3 l/100 km
  • 256 g/km

911 Dakar

燃料消費量
燃料消費量 総合(WLTP) 11.3 l/100 km
CO₂ 排出量 総合(WLTP) 256 g/km

ポルシェ タイカン クロスツーリスモ モデル

WLTP*
  • 24.8 – 21.3 kWh/100 km
  • 0 g/km
  • 415 – 488 km

ポルシェ タイカン クロスツーリスモ モデル

燃料消費量
電力消費量 複合(WLTP) 24.8 – 21.3 kWh/100 km
CO₂ 排出量 総合(WLTP) 0 g/km
電気モーター 航続距離 総合(WLTP) 415 – 488 km
電気モーター 航続距離 市街地(WLTP) 517 – 613 km