新時代の 幕開け

ツッフェンハウゼンに完成した最新鋭のタイカン生産ライン。世界でも稀に見る近代設備に潜入する。

  

ポルシェ タイカン モデル
電力消費量 複合:26.9 〜 24.6kWh/100km
CO2 排出量 複合:0g/km(2019年11月現在)

地上 3 階に分かれた生産ライン

地上 3 階に分かれた生産ライン

ニュータイカンの生産においては平面的な拡張スペースがほとんど残されていなかったツッフェンハウゼン。 そこでポルシェはその解決方法を高さに求めたのである。こうしてポルシェ初のフル電動スポーツは 2 階および 3 階でアセンブリーが行われ、1 階には品質点検エリアが用意された。そこから完成車輌は コンベアブリッジを通過し、新たに建てられたロードターミナルへと搬送され、オーナーの下へと輸送されるのである。ミッション E 構想から市販モデル完成までわずか 4 年。自動車業界稀に見る 一大プロジェクトと言えよう
将来設計の準備は整った

将来設計の準備は整った

エミッションを排出しないタイカンはツッフェンハウゼンで CO2 ニュートラルで生産 される。これを可能にするのがエコ電力、バイオガス、そしてエネルギー効率を 極めた生産設備だ。ポルシェの新しい本社プラントは『ゼロ・インパクト・ファクトリー』を実現するプロトタイプ工場と言えよう

スマート、 リーン、 グリーン。
ポルシェ・ プロダクション 4.0

その所々にツッフェンハウゼン本社工場の伝統を感じることができる。晴天の中、国際モー ターショーの開催と同時に執り行われたニュータイカン生産工場の竣工式はまさに輝かしい未来を象徴しているかのようだ。ゼロ・インパクトという理念を打ち出したポルシェ・プロダクション 4.0 は、環境に悪影響を及ぼさない次世代の生産形態であると同時に、ブランドの環境に対する取り組みを明確化している。そんな中、ついに完成した新しい生産ライン。ポルシェはコンセプトスタディ、ミッション E の構想からブランド初フル電動スポーツの市販モデル完成までを極めて短い期間の中で成し遂げたのである。CO2 ニュートラルで稼働する生産工場をはじめ、人間工学およびデジタル化に基づいた新たなラインコンセプトは現場で働く従業員に高品質の労働環境 を提供していると言えよう。ポルシェ 911 や 718 が組み立てられている既存の工場内部に増築されたタイカンの生産工場だが、もちろんツッフェンハウゼンに住む近隣住民との連携も密に行われている。多種多様な要件が立ちはだかる中、新プラントが予定通りに完成したことはまさにレースにおけるポール・トゥ・ウィンを連想させる。生産ラインや工場が持続的な環境性能を発揮する一方、ニューモデルが提供する労働環境にも注目して頂きたい。それは従業員がオートメーション化やデジタル化の恩恵を受けながら理想的な勤務形態を享受しているということだ。さらにプロジェクトによって生まれた新たな雇用も忘れてはならない。以上をトータルで考えた場合、新型が様々な点でただの優れた製品以上の意味を持つことがお分かり頂けるだろう。タイカンは従業員および環境に対する責任を負い、ポルシェをさらに魅力的なブランドへと導いてくれるのである。

人間が  生産の中枢を担う

新たな展望と経験

新たな展望と経験

困難を極めた採用プロセス:ニュータイカンの生産を対象とした専門技術 スタッフの選考では、新入社員と経験豊かな 718 および 911 生産ラインの 従業員を見事に組み合わせていったポルシェ。こうしてできる限り 多くの才能と専門知識に裏打ちされたタイカンティームを編成するという 目標を達成したのであった
2000 名以上の新規雇用

2000 名以上の新規雇用

新たな雇用を創出するニューモデル、 ポルシェタイカンの生産ライン

10
億ユーロもの設備 投資を行い、新たな 生産プラントを 完成させたポルシェ

0
エミッション。ツッフェン ハウゼンで CO2 ニュート ラル生産を行うポルシェ

170000
平方メートルにおよぶ 敷地面積がツッフェン ハウゼンのタイカン 生産ラインに必要と された。これはバチカン 市国の面積の 半分に相当する

Edwin Baaske
Edwin Baaske