新時代

タイカンの生産拠点がツッフェンハウゼンに決定したことを受け、創業 80 年を迎えるポルシェは史上最大級の建設プロジェクトに挑む。シュトゥットガルト北部に位置するポルシェ本社工場は今、自動車産業の未来に向かって大きく羽ばたこうとしている。

2018、従業員数 10600 人

2018、従業員数 10600 人

ポルシェがタイカンの生産用に本社工場を拡張。モジュール生産工場、新たな塗装工場とボディ製造工場、組み立てラインと物流基地が加わる

ポルシェはツッフェンハウゼン工場に約 7 億ユーロの投資を行い、1200 人以上規模の新規雇用を見込んでいる

ツッフェンハウゼンで起こるすべては 80 年前に始まった。

ポルシェの前身、Dr.Ing.h.c.F. ポルシェ KG は、その生産拠点をシュトゥットガルト中心部から同市北部に移し、ゼロシリーズ(後の “VW ビートル”)、さらにはレンシュポルトクーペ “タイプ 64”(1939 年製)を世に送り出した。1950 年以降はポルシェ・ブランド初のモデル、356 が生産され、1964 年には 911 の生産を開始した。そして 2018 年、由緒ある地に新しい時代が到来しようとしている。そう、新型タイカンの生産プロジェクトだ。

ポルシェはツッフェンハウゼン工場の拡張に 7 億ユーロもの投資を決めており、2019 年以降は 911 やボクスター/ケイマンに加え、ブランド初となる純 EV タイカンの生産が始まることになっている。新しいボディ製造工場、駆動系組み立て工場、塗装ライン、コンベアブリッジ、アセンブリー工場、物流基地等の建設にはおよそ何万トンもの鉄鋼が用いられる計画だが、それは 911 カレラのボディおよそ 10 万台分に匹敵する量で、建築資材を輸送する大型トラックの数は延べ 28000 台。運び込まれるコンクリートの総量は 112000m3 に及ぶと言う。

この巨大建築プロジェクトには現在、300 人の工事関係者と最大 3000 人の建設労働者が従事し、一本 100 トンのコンクリート柱材を本社工場に搬入している。これだけの建築資材が人口密集都市シュトゥットガルトに運び込まれる様は圧巻だ。

搬送技術:

搬送技術:

新しいコンベアブリッジ内部からの眺め。ポルシェの本社工場で進められている巨大プロジェクトの一端を垣間見ることができる。古い建物は新たに補強される一方、工場の中心である赤レンガ造りの建物は鋼鉄とガラスのファサードによって囲まれ、伝統企業の新たな在り方を象徴する。2019 年末には従来の 911 とボクスター/ケイマンに加えて新型 EV のタイカンが生産されることとなっており、世界最長のコンベアブリッジの中を、駆動系と塗装されたボディが組立ラインへ向けて流れていくはずだ。この搬送通路は、本社工場を二分する 4 車線道路の上空 20m の高さに設置されている

全長:890m
階数:2
ファサード:17000m2
窓数:2

アセンブリーおよび物流:

アセンブリーおよび物流:

タイカンの生産のために確保された十分なスペース:新しい組立ラインと物流基地が完成すると、ツッフェンハウゼンでポルシェ最大の複合建築物となる。異次元の規模を誇るこの構造物は設計者の努力の賜物だ。4 階建のホールが記録的な速さで仕上げられていく一方、これまでどおり 911 とボクスター/ケイマン、そしてエンジンの生産が継続される。現在、タイカンの組立装置が設置されており、来年には市販向けのタイカンがラインオフすることになっている

掘削量:240000m3
高さ:38 m 深さ:25 m
延べ面積:62000m2
室容積:360000m3
仕上げ部品:2760

塗装工場:

塗装工場:

現在、タイカンを生産するために建てられた塗装工場では床や天井の最終仕上げが行われ、塗装設備が取り付けられている。この建屋で特筆すべき点は、自己支持型の鉄筋構造が採用されているところだ

全長:216m
高さ:28m
資材:鉄鋼 6900トン

空間の不足を創造力で克服

「ツッフェンハウゼンはまさにポルシェの心臓部です」と力強く語るのは、工場建設プロジェクトの計画責任者であるライナー・ルートだ。彼は従来の生産ラインを稼働させたまま並行して拡張工事を行う計画を心臓外科手術に例え、「近い将来、新型タイカンがラインオフするこのプラントでは今まさに “執刀” が行われているのです」と説明する。予定されている工期を知れば、いかにタイトなスケジュールで拡張工事が進められているか分かるだろう。2015 年末にポルシェが本社工場でタイカンを製造する決定を下した瞬間から、2019 年の生産開始に向けてタイマーが動き始めているのだ。チャレンジは工期だけではない。「ツッフェンハウゼン工場の敷地内には様々な部署が密集しています。拡張工事をスムーズに進めるため、1 年半ほど約 5000 人の従業員に別の場所へ移動してもらいました」と、中央建設管理責任者のユルゲン・キングは説明する。

ポルシェの本社工場は周囲を住宅や企業、鉄道などに取り囲まれているため、プラントの拡張にはあらゆる面において制限が課せられている。タイカン用に新設される塗装工場とボディ製造工場は 4 車線の主要道路を隔てた組立ラインの向かい側に配されるため、過去に行われた拡張工事のように、空間不足を創造力で補う必要があるのだ。

新たなボディ製造工場から組み立てライン、物流基地に至る一連の工程は複数階に分かれており、生産は 1 階へ向かって進められ、完成車はそのままホールからラインオフする仕組みが採られている。自動車生産工場としては珍しく、生産管理は地下の制御室で行う。キングは語る。「今回の工事はポルシェの歴史の中で最も大規模なものであると同時に、最速の建設現場でもあります」と。

ルートとキングは「新型タイカンの生産をツッフェンハウゼンで行うという決定は正しかった」と口を揃える。このメガプロジェクトが完遂された暁には、本社工場に 1200 人の新規雇用が見込まれている。生産拠点としてのキャパシティが拡がり、従業員の将来が約束されると同時に、“made in Germany” の品質がタイカンのカスタマーに保証されるのである。

ボディ製造工場:

ボディ製造工場:

タイカン用の新しいボディ製造工場は、組み立てライン/物流基地建屋に次ぐ規模を誇る。建設工事は 2015 年第 4 四半期に始まっており、現在すでにプロトタイプ用のボディが製造されている。将来的にはこの工場で 911 とタイカンのボディが生産されることになっている

室容積:320000m3
延べ面積:65000m2
高さ:30m
資材:鉄鋼 20000トン、
コンクリート 35000m3

持続可能な工場で持続可能なクルマ作りを

新しい工場ではタイカン用の電気駆動ユニットとアクスルも製造されることとなっている。ルートは「新しい心臓部を手掛けること誇りに思います」と胸を張り、キングは「私たちの最大の目標は二酸化炭素を排出しない工場づくりです」と目を輝かせる。

新工場では 42000 平方メートルにおよぶ屋上緑化が計画され、工場前には多くの樹木が植えられる予定となっている。現場監督のキングは力強く締めくくる。「タイカンの生産工場が完成した時──それはポルシェが CO₂ を排出しないプラントで CO₂ を排出しないクルマを生産する世紀の瞬間となります」。

1938

フェルディナント・ポルシェの設計事務所がシュトゥットガルト市内にあるクローネン通りからツッフェンハウゼンに移転。現在のプラント 1 がその場所に完成している

1953

ロルフ・グートブロートによって設計されたアセンブリーホール(プラント 2 第 1 棟)が稼働開始。その 3 年前にはポルシェ・ブランドのスポーツカー第 1 号がツッフェンハウゼンで誕生している

1963

1960 年代初頭にポルシェが飛躍:本社工場がさらに拡張されて車輌の受け取りが直接可能となった他、プラント 3 が増設された

1973

ポルシェ 911 の市場導入直後の 1964 年、このプレミアムスポーツカーメーカーはロイターのボディ製造工場を買収。その 5 年後にはプラント 2 が第 41 棟によって拡張される

1988

ボディ製造工場が完成。後のプラント 5 は、コンベアブリッジを通じてプラント 2 と接続されている。その後すぐにポルシェ 911(タイプ 964)の生産が開始される

2015

6 つのプラント、そしてポルシェ正規販売店とポルシェ・ミュージアムを新設。本社工場の敷地面積が 614000m2に拡大。歴史あるプラント 1 もその中に併設されている

Sebastian Missel
Sebastian Missel

Frieder Pfeiffer
Frieder Pfeiffer