ベストマッチ

ポルシェでは新しいモデルが誕生する度に、タイヤ専門ティームがそのクルマに最も相応しいタイヤを厳選する。サイドウォールに刻まれた『N』の文字。それこそがポルシェ認定タイヤの証だ。


24秒。日常生活ではほんの一瞬に感じられる時間でも、ニュルブルクリンクの北コースでは永遠とも思えるぐらい長い時間だ。2018 年 4 月 16 日、 “緑の地獄” の異名を持つ全長 20.8 kmの北コースに、1 台の新型車が放たれた。そして程なくフランス人のポルシェ・ワークスドライバー、ケビン・エストレがステアリングを握る 911GT3RS が、これまでの最速ラップタイムを 24 秒も短縮する 6 分 56 秒 4 を記録。自然吸気エンジンを搭載した歴代のポルシェの中で最高のパフォーマンスを見せつけた。「タイヤ技術の進歩がなければ、この記録は達成できなかったでしょう」と語るのは、ポルシェで市販型 GT モデルのドライビング・ダイナミクスを担当するヤン・フランクだ。彼は「今回のアタックでも新しいタイヤがその力を存分に発揮してくれました」と胸を張る。今回、偉業を成し遂げた新しいタイヤは、ミシュラン・パイロットスポーツ・カップ 2R。新型 911GT3RS 用に特別に開発された訳ではなく、普通に販売されている一台で北コースのラップレコードを 4 秒~ 6 秒も短縮したのだから驚く。

911カレラGTS

タイプ: ピレリ P ゼロコルサ

▶ モータースポーツから生まれたタイヤ
▶ 最上級のグリップ性能を約束するトレッドコンパウンドと大きいブロック、そして細い溝
▶ 高いグリップ力を誇るが、転がり抵抗は大きめ
▶ 卓越したハンドリング性能
▶ 比類なき制動力とトラクション性能

タイヤはクルマの特性を決定づける極めて重要なパーツであり、快適性や耐久性を犠牲にすることなく高いレベルのダイナミクスを実現するのは容易ではない。だからこそポルシェの車輛開発現場では、タイヤのテストが重要視されている。「タイヤは車にとってシャシーの性能を発揮するための重要な要素です。しかし、全ての性能を兼ね備えるタイヤはそうありません」と語るのは、ポルシェでタイヤ開発に携るミヒャエル・ハウプトだ。数ある自動車メーカーの中でも、ポルシェほどタイヤに精通しているメーカーはまずないだろう。彼らはまるでオーダーメイドの靴を選ぶように、個々のモデルに最も相応しいタイヤを厳選するのだから。

ポルシェほど“タイヤ” に精通しているメーカーはないだろう。どのモデルにおいても、タイヤの選定に妥協はない

タイヤの性能とキャラクターのバランスを表す所謂 “タイヤ・コンセプト” は、車輛開発の中核をなす要件のひとつである。当たり前だが、タイヤはまずホイール・ハウジング内にきれいに収まらないといけないし、車輛総重量や重量配分、駆動輪にかかるエンジン・トルクなども考慮しなければならない。さらに、走行ノイズやウェット性能、転がり抵抗、耐久性に関しても厳格に定められた規定をクリアする必要がある。ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは技術指標であり、最も重要なデータだと考えるポルシェのタイヤ開発を担当するカーステン・ホフマンは、次のように語る。「我々はタイヤ・メーカーにテストで計測した制動距離や北コースでのラップタイムに関する詳細なデータを伝え、然るべき性能と特性を備えたタイヤの開発をお願いしています」。

タイヤ開発の流れを大まかに説明するとこうだ。開発計画は新型モデルの生産が開始する 4 年以上前に始動し、タイヤ・メーカーはヴァイザッハから出された要件定義に則り、通常は 3 か月ほどかけて数種類のプロトタイプを製作し、それぞれ前輪用、後輪用にいくつかのバリエーションを用意する。プロトタイプがポルシェに届くと、タイヤ開発スタッフが納得するまでテストを繰り返す。完成までにかかる時間は膨大だが、このテストと調整の日々は、ポルシェにおいては絶対に妥協のできない重要プロセスなのである。かくして全ての条件をクリアしたタイヤに『N』のマークが与えられる。ポルシェの顧客は、通称『N 指定』タイヤを選んでおけば、まず間違いない。

カイエンターボ

タイプ: ミシュランパイロット・アルペン 5

▶ 冬の路面に最適なトレッド・パターン
▶ 低い外気温でも硬化しないコンパウンド
▶ 積雪路面での優れた制動力とトラクション性能
▶ ドライ路面での優れた走行安定性

ポルシェでは現行の全モデルに『N』が刻まれたミックスタイヤが装着される訳だが、前後のタイヤサイズが異なるため、前後タイヤの外径を微調整してポルシェならではのドライビングを最適に実現している。後輪駆動の 911 を例に挙げると、ミックスタイヤを装着することでリアのトラクションと走行安定性が確保される上に、フロントタイヤはダイレクトな反応特性が約束される。こうして相互作用によって、流れるような自然な走りが実現されるのだ。

ホフマンによれば、意外なことにタイヤの開発は超高性能モデルの方が容易なのだそうだ。というのも、ポルシェ GT スポーツカー開発ティームはモータースポーツ部門に属しているため、エンジニア陣は実戦で得た豊富なデータを土台にしたテストができるし、温度からホイールにかかる負荷まで、絶対条件が細かく定義されているので正解に到達しやすいのだ。それに対して、性能の穏やかな市販モデルのタイヤ開発は「本当に難しいですよ」とホフマンも唸る。モデルにより仕様の異なるシャシー、複雑な電子制御システム、装備による重量差、千差万別の路面条件など、設定条件のレンジが広いからである。

パナメーラターボ SE-ハイブリッド

タイプ: ミシュラン・パイロットスポーツ 4

▶ トレッド・パターンとコンパウンドを最適化したことで、乾いた路面でも、濡れた路面でも優れた走行安定性を発揮
▶ 転がり抵抗を極限まで低減
▶ 走行安定性を重視したスタビリティとドライビングプレジャー
▶ 優れた制動力。強大なトラクション

この数十年間で、タイヤは技術的に大きな飛躍を遂げてきた。ウェット性能とドライ性能、転がり抵抗とグリップ、耐摩耗性……ひと昔前は、相対する性能の高次元でのバランスは非常に難しかったが、今日では新しい技術や素材の導入によりそれが可能となった。そして、フランクは、「タイヤはこれからもっと進歩していきますよ」と不敵な笑みを浮かべる。つまりこう言いたいのだ。ポルシェはニュルブルクリンク北コースでこれからも繰り返し記録を塗り替えていくのだ、と。

極限領域でのパフォーマンス

ポルシェにはタイヤの開発を専門とするテスト・ドライバーが 4 名いる。彼らはほとんどヴァイザッハ研究開発センターに顔を出さず、ニュルブルクリンク北コースや南イタリアにあるナルド・テクニカルセンター、ハノーバーにあるコンチ・ドロームでひたすらテスト走行を繰り返している。

彼らに課せられた任務は、ポルシェを限界まで走らせて精確に制御すること。多くは元レーシングドライバーだが、レーシングスピードで走るだけではこの仕事は務まらない。その中の一人で、18年前からポルシェの試作車のタイヤ(主にスポーツカー用タイヤ)開発部門に所属する46歳のティモ・クルックは「ポルシェはハイパフォーマンスカーです。適切なタイヤを装着して初めて、ステアリングを握るカスタマーたちは完璧なパフォーマンスを感じることができるでしょう」と語る。

濡れた路面、乾いた路面、積雪路面、凍結路面……あらゆる状況下で再現性の高い走りを続け、ハンドリング性能を確かめながら客観的に評価を下し、タイヤ・メーカーの担当者に精確なインプレッションをフィードバックしなければならないのである。

Klaus-Achim Peitzmeier
Klaus-Achim Peitzmeier