ポルシェは女性的なマシーン?

折れたのは首ではなく、足でした』。病院に担ぎ込まれたアニー・ブスケは、ツッフェンハウゼンに宛ててこう電報を打ちました。その少し前、彼女はモンレリー・サーキットでポルシェ 500 スパイダーを駆り最速記録を樹立。さらにベスト・タイムを更新しようと 200km/h 以上加速したタイミングでタイヤがバーストしたのでした。この時のアクシデントでは命拾いをしたブスケでしたが、一年後の 1956 年 6 月 30 日、12 時間耐久レース中に見舞われたクラッシュで首を折ってしまったのでした。

勝利と悲劇の裏には常に勝者と犠牲者が存在しますが、両者は紙一重の関係。ミュイゾンの手前、ランスに横たわるレーシングカーの残骸は、カリフォルニアのコラメ近郊、ハイウェイ 41 号線と 466 号線の交差点で大破したジェームズ・ディーンの 550 スパイダーと酷似しています。

ポルシェの神話に登場する主役といえば、ジェームズ・ディーンやスティーブ・マックイーンを真っ先に思い浮かべる人が多いかもしれませんが、アニー・ブスケ(左写真)のように自立心が強く反骨精神旺盛な女性もまた、ポルシェの本質を体現するアイコンと言えるでしょう。彼女はスキーリゾート、セストリエーレのホテルのバーでかつてレーシングドライバーとして活躍したアルベルト・アスカリと出会い、それがきっかけとなりレースに参戦することになります。当時の女性としては実に大胆な決断、そして破天荒な行動力です。ポルシェは創業時より常に自己のアイデンティティを主張し続け、抑圧からの解放とリベラリズムを志向してきましたが、トロフィーとルージュが似合うブスケはまさにその象徴のような存在だったのです。

Dr. ヨゼフ・アルヴェック

Dr. ヨゼフ・アルヴェック

編集者

ちなみに女性として初めてボイトラー社製ボディのポルシェ 356 を購入したのは、スイスの上流階級出身、グライダーのパイロットで趣味はアフリカ旅行というヨランダ・チューディ。ポルシェの名を初めて冠した 1948 年製プロトタイプ 356“No.1” を購入したのは、スイス人の女優で、芸術家としても活躍したエリザベス・シュピールホーファーでした。

1963 年、フェルディナント・アレクサンダー・ポルシェはこう語っています。「911 は人間と同じように身体を持っています」と。「モード界のカリスマであるジル・サンダーや伝説の女性テニス選手、マルチナ・ナブラチロワがポルシェを女性的なスポーツカーと定義した」と語るのは、ジャーナリストのウルフ・ポシャルトです。

ポシャルトはこうも言っています。「平等主義を原則としながらも男性が主導権を握る世の中において、女性による 911 礼賛はある種、解放の証なのです」。実際、ポルシェのグローバル大使を務めるマリア・シャラポワはマーク・ウェバーを引き連れてGT3RS を駆り、中国においてはポルシェ・ユーザーの約 1/3 が女性で、911 に限るとその比率は実に 42 %に及びます。ポルシェ社内でも女性の進出は加速しており、過去 4 年間、ポルシェで職業訓練に励む女性の全体に占める割合は 6 %から 35 %に増加、2012 年以降、ポルシェ従業員の女性比率は上がり続け、今や 15.5 %に達しています。

1952 年 6 月、本紙クリストフォーラス創刊号の表紙を飾ったのは、澄んだ青空と雪山を背景にしたマットシルバーのポルシェ 356 クーペでした。356 クーペの隣に屈んでスキー靴の紐を締めるドライバーの楽しげな様子が印象的なワンシーンを切り取った写真ですが、カラフルなストライプのジャージをまとい、自由を象徴するかのような主人公は、そう、女性だったのです。

皆さまがどこから来てどこへ行こうとも 『クリストフォーラス』はいっしょにお供いたします。