ミッション・フューチャー

ポルシェは新たなモータースポーツ活動方針を定め、2019 年末よりフォーミュラ E に参戦することを表明した。研究開発担当役員を務めるミヒャル・シュタイナーと、LMP1 担当責任者のフリッツ・エンツィンガーがその背景を明らかにする。


シュタイナーさんに質問です。ずばり、ポルシェがフォーミュラ E に参戦する理由は何ですか?

ミヒャエル・シュタイナー: フォーミュラ E への参戦とそれに伴う新しいモータースポーツ活動の方針は、“ポルシェ・ストラテジー 2025” に則ったものです。ピュアな GT カーでありながらフル電動スポーツカーとしての役割もしっかり果たす。どちらも、将来的にモータースポーツの世界で反映されるべき要件だと思います。

エンツィンガーさんにお聞きします。ポルシェは今シーズン限りで FIA 世界耐久選手権(WEC)の LMP1 カテゴリーからの撤退を決めました。最終戦までは今まで通りの活動が続くのでしょうか。

フリッツ・エンツィンガー: はい。3 度目の勝利を飾ったル・マン 24 時間レースを含めて、世界タイトルを防衛すべく努力していきます。ニュルブルクリンクでも大きな成功を収め、現在我々は良いポジションに立っています。11 月 18 日にバーレーンのサヒールで開催される最後のレースまで LMP チームは全力を尽くします。

LMP1 からの撤退を決めた動機は?

エンツィンガー: まず、このカテゴリーでこれまで 4 度のシリーズ・チャンピオンを獲得できたこと。それから 2014 年に改訂された WEC のレギュレーションにも原因があります。かつてはトップクラスのライバルが凌ぎを削るビッグレースでしたが、最近は競合するメーカーが少なくなりました。私たちは WEC で商業的な成功を収めるため、独自のマーケティング/広報活動を行うべく多額の投資を行ってきましたが、ル・マン以外は宣伝にどれだけ投資をしても、あまり効果がなかったのも撤退を決めた一因です。

ポルシェのモータースポーツ活動は、将来的に WEC に設けられる GTE に代わるカテゴリーに焦点が当てられているようですが、その理由を教えてください。

シュタイナー: WEC の世界タイトル獲得を目指して、私たちはポルシェの象徴ともいうべき 911 RSR を投入しています。WEC におけるロードゴーイングカーの活躍は我々にとって非常に重要です。また、世界各国で行われている GT レースには数多くの自動車メーカーが参戦を表明しており、そのレベルの高さ故、このカテゴリーで積極的に活動を行うことに意味があると考えています。目標はもちろん優勝。もちろん、それには見合った投資が必要ですが。

左からミヒャエル・シュタイナーとフリッツ・エンツィンガー

今後、ポルシェ LMP チームはどうなるのでしょうか?

シュタイナー: フォーミュラ E におけるチーム・スタッフの数は LMP1 体制に比べて少なくなりますが、ポルシェ LMP チームで活躍してくれた有能なスタッフたちは貴重な人材ですので、そのまま残ってもらいます。

エンツィンガー: もちろん、ワークス・ドライバーも同じです。今後も LMP1 以外のレースに継続して参戦する一方、フォーミュラ E 参戦に向けて念入りな準備を行う予定です

「今日においてフォーミュラ E は時代の最先端をいくレースです」 フリッツ・エンツィンガー

フォーミュラ E への参戦時期を 2019 年末からと定めた理由を教えてください。

シュタイナー: フォーミュラ E の技術開発と我々の製品戦略のタイミングが一致するのが、ちょうどその時期だからです。ポルシェはレース参戦と並行して、ミッション E コンセプトをベースにした市販モデルの市場導入を検討しています。フォーミュラ E は環境性能が高く省エネでハイパフォーマンスなクルマを開発するには絶好の場となるでしょう。

フォーミュラ E は歴史が浅く、ファッション・トレンドのように紹介されるケースもありますが、その点についてはどのように感じていらっしゃいますか?

エンツィンガー: 今日においてフォーミュラ E は時代の最先端をいくレースです。レースは大都市の中心部において、特別に設計されたコースで開催されます。観客がわざわざ遠くまで足を運ぶ必要はありません。現在、すでにアウディや BMW、メルセデスが参戦を表明しており、その他にも多くの自動車メーカーが参戦することになるでしょう。このレースをファンション・トレンドとして捉えるのは間違っていると思います。

シュタイナー: 電気自動車は、近未来の、特に大都市圏でのモビリティにおいて重要な役割を果たします。今後さらなるデジタル化によって、若者たちの意識にも大きな変化が表れるはずです。今後、ポルシェのオーナーが自動車のみならずモビリティ全体に対して抱く期待とはいったい何なのか。その問いに対する答えが、フォーミュラ E には反映されていくでしょう。

フォーミュラ E 

電気モーターのみで駆動するフォーミュラカーが戦いを繰り広げる世界的な FIA レース・シリーズ。スタートして 3 年が経過し、レースはこれまでニューヨークやパリ、ベルリン、香港、ブエノスアイレスといった大都市のコースで開催されてきた。練習走行と予選、そして 1 時間の決勝レースが全て一日のうちに行われるのも特徴。現在、正式参戦しているのは計 10 チームで、その数は年々増加傾向にある。ジャガーとルノーはすでにレースに参戦しており、今年に入ってからはポルシェの他にもアウディ、BMW、メルセデスが参戦を表明。ニック・ハイドフェルドやセバスチャン・ブエミ、ルーカス・ディ・グラッシ、ニコラス・プロストといったトップレベルのドライバーが名を連ねる。ちなみに現時点ではパワー ユニットの最高出力が 231PS に制限されている。

www.fiaformulae.com

Holger Eckhardt
Holger Eckhardt